トップページ > 赤石川の金のアユ
赤石川の金のアユ

赤石渓流

「なぜ金アユ?」

白神山地を源流とする赤石川に生息するアユは、魚体が金色を帯びていることから「金アユ」と呼ばれています。
赤石川に含まれる黄鉄鉱の成分がアユに吸収され、背や腹部を金色にするのではないかと言われています。
実際、赤石川上流には、花崗(かこう)岩が多く、これに黄鉄鉱が大量に含まれているそうです。

ミニ白神

「優れた香りと食味」

赤石川のアユは、毎年、高知県で開催されている「清流利き鮎会(高知県友釣連盟主催)」で2度準グランプリに輝くなど、香りや食味が優れていると全国的に知られています。


「優れた香りと食味」

解禁日 7月1日(例年9月下旬まで楽しめる)
遊漁券 日券 800円
年券 6,000円
オトリアユ 600円/1尾
遊漁券
オトリ販売先
安田商店(日照田町) 電話0173-72-2390
太田商店(種里町)  電話0173-79-2404
熊の湯温泉(一ッ森町)電話0173-79-2518
須藤アユ養殖場(南金沢町)
鰺ヶ沢町アユ養殖施設(一ッ森町)電話0173-79-2102
ミニ白神